大阪環状線改造プロジェクトと山手線を比較して

国内
02 /18 2014

3ドア車?4ドア車?大阪環状線の「将来」を決める実験、実施中!

大阪環状線て、東京と比べてるとどうにも古くて田舎臭いです。駅や窓からの街並というよりは、車両そのものが古い。

もう手の施しようが無いくらい古い。そんな中、鉄道ライター伊原薫さんのこの記事を見つけました。

yjimage.jpeg


JR東日本が管轄する山手線は、Wikipedia山手線で調べてみるとこの40年の間に4種類の車両が登場し、時代ごとに新しくなっているのがわかります。対して、JR西日本の大阪環状線の車両は、記事によると30〜40年間未だ現役ということで、成る程古いはずですね。
マニアックな話しになりますが、以前書店で鉄道関連の雑誌を見たとき、今の中央線や京浜東北線で使用されている車両が山手線カラーで「試運転」と表示しながら走行している写真が掲載されていました。とすると、近いうちにまた山手線で車両交代が起る可能性があるわけで、これで今の大阪環状線車両と比べると5代目になりますね。


ここで一つ疑問ですが、新しい車両が登場したとして、それもまた40年程度は走り続けるのでしょうか。現時点で40年前に製造された物が現役であることを考えると、さもありなん。
山手線は10年に一度車両を更新している計算になりますから、大阪環状線が40年の車両運行の末「改造プロジェクト」と題して更新に取り組んでいる点と比較すると、開発の考え方に雲泥の差があることがわかります。「山手線の場合は、車両更新してもすぐ元がとれる」「膨大な周辺人口と、そこからの移動を支える周辺路線、そしてそれと山手線をつなぐ巨大ターミナルがいくつもあるから」など、山手線が飛び抜けて恵まれた環境にあるというのも、こうした差が生まれる理由にあるでしょう。
そうなりますと、更に40年たって「第二回大阪環状線改造プロジェクト」が登場する頃には、通算8代の車両が登場することになるわけです。ああ、凄い。でも、少子化と高齢化、どこもかしこも財政難のなかで、JR東日本といえどもこのペースは維持できるのか?


ともあれ、更新に向けて動き出した改造プロジェクト。子供からお年寄りまで安心して利用できる、乗る人に優しい鉄道を目指してほしいものです。
スポンサーサイト

はい、私も北から目線です

北国
02 /11 2014

冬の寒さとともに過激さを増す北海道民の「北から目線」にイラッ!">冬の寒さとともに過激さを増す北海道民の「北から目線」にイラッ!

↓引用
寒さや雪に対して甚だ脆弱なそんな首都圏住民に対して向けられる「北から目線」なるネット用語をご存知だろうか。

主に北海道民が“上から目線”な態度で、寒さや雪にすこぶる弱い首都圏住民のことを嘲笑することを指すもので、首都圏住民が「今日は寒いね」と言ったのに対して、「その程度で寒いとかw」とかぶせるように用いられる。文末に大量の「www」を付けておちょくるように使われることも多い。
↑引用終わり

先日の首都圏の大雪報道を見ていて、私も職場の先輩や上司と「あの程度で!?」「雪は大変とか言いながら、雪祭りくるんじゃないだろうな!?」と言っていました。

改めて、「空港でくつろぐ」って凄い発想

国内
02 /01 2014
たまに空港で時間をつぶしていることがあります。
美味しい食べ物に、本屋に、お土産に、映画に、温泉にと、1日いても飽きないのが昨今の空港の魅力。
最近、地元北海道の玄関である千歳空港のHPがリニューアルしたらしく、のぞいていたら「これぞ、日本」的な頁がありました。千歳空港HP

新千歳空港


それが、「温泉」の頁です。
空港に温泉という発想は、千歳の他に中部(セントレア)もやっていたはずですが、こうして見ると「空港で温泉…?」と、思わずにはいられません
何せ、空港は「飛行機に乗るための場所」です。くつろぐための場所等不要なはずです。でも、あるのです。
う〜ん、本当に退屈しないなぁ。


マッサージ、温泉、改めて見ると凄い


空港内にある温泉

世界の空港でも、こうした温泉とリラクゼーション施設を設けてくれれば、空港野宿ももっと楽になるのですが…

FC2USER777222FJD

サラリーマン道をひた走る「プロ社員」。将来目標は独立です。生まれは日本、心のふるさとは阿寒湖温泉、育ちは川の近くにある住宅街です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。