FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語ができない人の海外一人旅

旅行
01 /13 2014
海外旅行に行くことを告げる。
すると、大抵こんなことを聞かれる。
「英語できるの?英会話」

愚問だな。
できるわけないじゃないか。

外国語ができる人といるうちは、それでも何ら問題は無い。その人に通訳をお願いすればいいだけだ。
問題は…
外国語ができないのに一人で海外旅行に出る場合だ。

 殆どの人は、「海外旅行に行きたいけれど、言葉が…」といってせっかくの夢を断念してしまうのだけれど、日本ほど『指差し会話帳』『ポケット単語帳』等等に恵まれた国もない。これを試してみない手は無い!!
しかし一方で、「でも、それだと相手が言っていることは聞き取れないじゃないか」という理屈屋&強情さんもいる。そんなに頑になっている暇があったら、「スピードランニング」の一つでもやって勉強すればいいのに。


 「海外旅行に行きたいけれど、言葉が…」という方、私も外国語はできないけれど、仕事の休みを利用して海外一人旅をしている一人です。

 そんな私が実践するコミュニケーションの方法を3つ紹介しましょう。
①筆談:ポケットサイズのメモ帳とペンを用意しましょう。メモ帳は、画像のようなリングで紙を束ねているものがベストです。



ノートのように糸や糊で紙をとめている場合、前のページが勝手に閉じてきて筆記の手間になるというデメリットがあります。
その点、このタイプのメモ帳は簡単にページがめくれ、すぐに筆記できるので、相手をイライラさせることなく筆談することができます。
筆談は、思ったことをそのまま紙の上で再現でき、しかもメモの管理に手間取ることが無いという点が大変すぐれています。現地の人も、書けば伝わるとわかっているので、双方に優しいコミュニケーション方法だといえます。

②スマホ:スマホを使いましょう。外国語辞典が入っていれば、あとは日本語から検索をかけて指を指すだけで、相手は「これが欲しいのか」「ここに行きたいのか」と理解してくれます(相手を選ぶ必要はありますが)。逆に、分からない外国語表示をスマホで検索して情報をつかむのにも適しているのがスマホの優れている点ではないでしょうか。

③必要な構文を覚える:例えば、I'd like to~、I want to~はどちらも「〜したい」ですが、これに必要な動詞と単語を組み合わせるだけで、簡単な意思表示ができます。他に、How to get to〜?「〜へはどうやっていくの」。慣れない国・街・道を歩くのですから、地図を使ったとしても簡単にはたどり着けないことが多いです。駅や空港での乗継ぎや観光地でも、場所によっては案内板がなく右往左往することがあるので、人に聞けるようにしておきましょう。
私の場合、マレーシアのKLセントラル駅で、空港からの特急とモノレールの乗り継ぎの際、3回くらいこのHow to get to~構文を使いました

 3つ紹介しましたが、それぞれが完全に独立しているのではなく、大抵はこれらの組み合わせでコミュニケーションをしていくことになります。例えば、③の構文で伝わらなければ、加えて①の筆談でフォローするといった具合です。
私の場合、クアラルンプールでホテルに行く際、英単語が通じないということがありました。ホテルは道路の向こうにあるのに、横断歩道がなく横断する方法がないという場面。「a crosswalk(横断歩道)はどこ?」と言ってみたところで、単語を知らない相手では意味がありませんでした。仕方なく、メモ帳で絵に書いて「How to get to the hotel ?」と聞くと、ようやく伝わったらしく「直接渡れ」と言われてしまいました。日本の感覚で横断歩道を渡るというのは失敗でした

 取り上げたのは私なりの方法ですが、(外国語ができない)皆さんも、自分なりの方法を開発して対策してしまえば、海外旅行のハードルも少しは下がるのではないでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2USER777222FJD

サラリーマン道をひた走る「プロ社員」。将来目標は独立です。生まれは日本、心のふるさとは阿寒湖温泉、育ちは川の近くにある住宅街です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。