スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一度は見てみたい星空

国際
12 /10 2013
th-6.jpeg


ナミブ砂漠は、 総面積約8万800平方キロを誇り、少なくとも5500万年前から太陽が照り付け、世界最古の砂漠と言われます。

国際ダークスカイ協会という不思議な名前の組織があるのですが、昨年、同協会はこの砂漠エリアを「星空保護区」に指定、「世界で最も暗い夜空」の一つとしました。同保護区は、世界で他に4カ所しかありません。

都会で見る夜空と、地方で見る夜空は、地上の明かりのせいで見える星の数が異なるそうです。
当たり前といえばあたりまえですが、この「星空保護区」は、周りに明かりがない地方の夜空より更に暗いということですから、全く想像がつきません。
「え?暗さにも違いがあるの?」というのが本当のところではないでしょうか。

テレビ・スマホ・パソコンといったデジタル画面ばかり見るのではなく、たまには奇麗な星空でも眺めていたいものですよね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

FC2USER777222FJD

サラリーマン道をひた走る「プロ社員」。将来目標は独立です。生まれは日本、心のふるさとは阿寒湖温泉、育ちは川の近くにある住宅街です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。